ようこそ♪ 合唱団ユーカリプタスへ

合唱団ユーカリプタスは神戸を中心に活動している混声合唱団です。

2013-0224


少しずつ声がまとまり、響き合い、音楽を奏でる。
まだまだ発展途上の合唱団ですが、
表現する楽しさに触れ、一瞬一瞬に創り出す美しいハーモニーを求めて・・・
一歩一歩、練習を積み重ねています。

私達は以前はユーカリプタス合唱団として歌っていましたが、
1971年に第5回演奏会を開いた後、長らく活動を休止していました。
「またコーラスしたいなぁ」という思いから、2008年に活動を再開、
2009年には広く団員を募って歌っていくことにしました。
→「合唱団のあゆみ」へ

2011年には40年ぶりに第6回演奏会を開催、
以後、各種イベントへの出演、2年ごとの演奏会など、
新しい指導者も迎えて充実した活動を続けています。
→「活動記録」へ
→「定期演奏会」へ
→「指揮者・伴奏者」へ

2019年3月開催予定の第10回定期演奏会に向けて、練習しています。
→「練習予定」へ


一緒に歌うメンバーを募集しています。
くわしくは→「団員募集」をご覧ください。



「ユーカリ」は知ってるけど、「プタス」って何?

よく聞かれるのですが、「プタス」だけの意味はありません。
和英辞典で「ユーカリ」を調べると「eucalyptus」と出てきます。
ユーカリの仲間の学名の英語読みがユーカリプタスなのです。

ユーカリは根を深く伸ばし、乾燥に強い、成長の早い樹木です。
葉から取れるアロマオイルはスッとした香りで、
咳を鎮めたり、炎症を抑える効果が知られています。
コアラが食べることも知られていますが、その種類は限られているそうです。


団員を募集しています!

私たちと一緒に歌いませんか。
合唱に興味をお持ちの方ならどなたでも大歓迎。
すばらしい指導と和気あいあいの楽しい練習を体験してみてください。

2016-1119_gasyuku1.jpg

楽譜が読めなくても練習用音源などのサポートがあります。
時間と努力はちょっぴり必要かもしれませんが、
合唱の楽しさと奥深さに引き込まれて新しい世界が開けるでしょう。

見学、お問い合わせなど、PC版のメールフォームから、
または下記アドレスの★をアットマークに変えてご連絡ください。
euclypts_chr★email.plala.or.jp

会   費
  月2,000円  入会金 2,000円 (学生・生徒の会費減額あり)
  ほかに楽譜代、自主演奏会負担金など

練   習
  定 期 練 習  月3回、土曜日または日曜日 13:15~16:15
  パート練 習  定期練習時間の前後30分、交代で練習しています。
  臨 時 練 習  演奏会・出演イベントにあわせ臨時に練習する事があります。

主な練習会場
  神戸市内の勤労市民センター(兵庫、新長田、垂水) など
  
  
  

2017年度 活動計画

2018年
11月 3日(祝) 明石市芸術祭 音楽のつどい
2019年
 2月 2日(土) 盲導犬チャリティーコーラスフェスティバル
 3月 3日(日) 第10回定期演奏会

続きを読む »

練習予定

11月10日(土) 13:00-17:30 フィッシュダンス音楽練習室
11月18日(日) 13:15-16:15 兵庫勤労市民センター 音楽練習室
11月25日(日) 13:15-16:15 新長田勤労市民センター 多目的ホール


練習会場
兵庫勤労市民センター
新長田勤労市民センター
垂水勤労市民センター
フィッシュダンス音楽練習場



続きを読む »

練習曲目

2017年3月~2019年3月 第10回定期演奏会に向けて練習中の曲
混声合唱組曲 「ひとつの朝」
作詞 片岡 輝 作曲 平吉 毅州

無伴奏混声合唱による日本名歌集『ノスタルジア』より
信長 貴富 編曲
「花」 武島 羽衣 作詩 瀧 廉太郎 作曲
「砂山」 北原 白秋 作詩 中山 晋平 作曲
「村の鍛冶屋」 作詩・作曲者不詳
「朧月夜」 高野 辰之 作詩 岡野 貞一 作曲
「椰子の実」 島崎 藤村 作詩 大中 寅二 作曲 
「里の秋」 斎藤 信夫 作詩 海沼 実 作曲

GLORIA John Rutter 作曲

ほか

続きを読む »

2018年11月3日(土祝) 明石市芸術祭 音楽のつどい

明石市立市民会館大ホール

The Sopund of Music O. Hammerstein Ⅱ 作詞、R. Rodgers 作曲、C. Warnick 編曲
民衆の歌声が聞こえるか A.BOUBLIL 作詞、岩谷 時子 訳詞、C. M.SCHONBERG 作曲
指揮:萩原 次己 ピアノ:植田 裕子  出演:29名

思いがけず1曲目のサウンドオブミュージックで拍手をいただき、
民衆の歌ではちょっとした振付が功を奏してか、大きく長い拍手をいただきました。
席に戻る時、通りすがりに「民衆の歌、良かったです~」と声をかけていただいたりしました。
ありがとうございました。

2018年3月25日(日) ゆうかり芸術祭

ポートピアホール

GLORIA 第1楽章 John Rutter 作曲
混声合唱組曲『ひとつの朝』 片岡 輝 作詞 平吉 毅州 作曲
指揮:井手 ますみ  ピアノ:植田 裕子
吹奏楽アンサンブル:兵庫高校OB吹奏楽団  出演:43名

2018-0325_01-GLORIA.jpg

10年前、兵庫高校創立100周年記念「ゆうかり芸術祭」が
音楽部OB合唱団の活動再開のきっかけとなりました。
この日は創立110周年記念「ゆうかり芸術祭」に
OB合唱団から脱皮をとげた「合唱団ユーカリプタス」として出演できました。

10年間、続けられた喜び、その成果を披露できた幸せ。
これをひとつの節目として、これからも歌い続けてまいります。

2018年1月20日(土) 盲導犬チャリティーコーラスフェスティバル

神戸文化ホール中ホール

混声合唱組曲『ひとつの朝』より「樹よ」 片岡 輝 作詞 平吉 毅州 作曲
指揮:萩原 次己  ピアノ:植田 裕子  出演:33名

今年もサンテレビ賞をいただくことができました。
午前中の練習ではどうなることやら、という状態でしたが、
本番はどうにか。。。

2017年11月3日(金祝) 明石市芸術祭 音楽のつどい

明石市立市民会館大ホール

無伴奏混声合唱による日本名歌集『ノスタルジア』
「椰子の実」 島崎 藤村 作詩 大中 寅二 作曲 信長 貴富 編曲
「里の秋」 斎藤 信夫 作詩 海沼 実 作曲 信長 貴富 編曲

指揮:萩原 次己

3月の定期演奏会から約8ヵ月ぶり、久しぶりのステージでした。
今回はアカペラの曲、直前の練習よりはテンポも和音もまずまずでしたが、
やっぱり課題も色々と明らかになった演奏でした。
「椰子の実」を歌い終わったときに、最前列にいた小さなお子さんが
「パチパチパチ」と拍手をしてくれたのに内心ガッツポーズ!

2017年3月12日 第9回定期演奏会

第9回定期演奏会を開きました。
お天気にも恵まれ、松方ホールほぼ満席のお客様にご来場いただきました。
ありがとうございました。

2017-0312_9th_6_Requiem.jpg

フォーレのレクイエムより
♪Agnus Dei♪←曲名をクリックすると演奏をお聞きいただけます。

第8回から2年、長かったような、短かったような…。
選曲の難しさに泣かされた2年間でした。
前回ほど、進歩した!と実感は持てないながらも、やりきった充実感。
母音を揃えること、それぞれの曲を表現すること、
少しは身についてきたと思いたい。。。そんな演奏会でした。
さあ、次に向かって頑張ろう!


続きを読む »

第9回定期演奏会のご案内

2017-0312_9thCONCERT_Eucalyptus_S.jpg
↑クリックでチラシPDFが開きます。

2017年3月12日(日)14:00開演(13:30開場)
神戸新聞 松方ホール 入場料:1000円

続きを読む »

2017年1月28日(土) 盲導犬チャリティーコーラスフェスティバル

ピフレホール

「ラシーヌ讃歌」 J.ラシーヌ 作詩 G.フォーレ 作曲
指揮:平尾 彰男  ピアノ:植田 裕子  出演:30名

サンテレビ賞を受賞しました。

2016年11月19日・20日(土・日) 合宿

三木市にあるコープこうべ協同学苑で、2日間、みっちり練習しました。 参加:19日 39名、20日 40名
2016-1119_Gasshku1.jpg

2016-1120_Gassyuku2.jpg

2016-1119_gasyuku4.jpg

2016年11月3日(木祝) 明石市芸術祭 音楽のつどい

明石市立市民会館大ホール

無伴奏混声合唱のための『夢で逢いましょう』より
「上を向いてあるこう」 永 六輔 作詞 中村 八大 作曲 猪間 道明 編曲
「四月の風」 片岡 輝 作詩 松下 耕 作曲

指揮:萩原 次己 ピアノ:植田 裕子  出演:33名

2016年8月3日(水) カンテムス少女合唱団 神戸公演 歓迎演奏

神戸朝日ホール
→カンテムス少女合唱団 神戸公演ちらし

「明日があるさ」 青島 幸男 作詞 中村 八大 作曲 猪間 道明 編曲
「遠くへ行きたい」 永 六輔 作詞 中村 八大 作曲 猪間 道明 編曲
「八木節」 群馬県民謡 石若 雅弥 編曲
指揮:萩原 次己  ピアノ:植田 裕子  出演:34名

カンテムスの少女たちの美しいハーモニー、楽しい演出、素晴らしいコンサートでした。
ユーカリプタスは歓迎演奏として出演させていただきましたが、
残念ながら、まだまだ反省点の多い演奏になってしまいました。